AGAで悩む男性

AGA(男性型脱毛症)、それは当事者になってみなければわからないですが、非常に深刻な問題です。しかし最近では、単なる薄毛ではなく、しっかりとAGAに特化した薬もあるので諦めてはいけません。

ブロンドギャルにもてるためにはAGA治療

ブロンドギャルの彼女が欲しいときには、薄毛を放置しておくことは得策ではありません。現在では薄毛治療を専門的に受けられるクリニックも多数ありますので、若い年代のうちから薄毛になっているときには、AGAであることを疑ったほうが良いです。専門のクリニックであれば、AGAかどうかの血液検査や遺伝子検査を受けて調べることができます。薄毛の原因がAGAのときには、海外で開発されたAGA治療薬のプロペシアやミノキシジルが処方されます。AGAによる薄毛が起こるメカニズムはすでに解明されていて、男性ホルモンの影響を受けることで髪の毛が抜けたり、細くなることがわかっています。プロペシアの主成分であるフィナステリドには、抜け毛を増やす男性ホルモンのDHTの生成を抑制する効果がありますので、プロペシアを継続的に服用することでAGAの進行を食い止めることが可能です。プロペシアの服用は1日につき1錠ずつ飲むことになり、半年ほどの期間続ける必要があります。プロペシアやミノキシジルの処方を受けるAGA治療には、健康保険が適用されませんので全額自費診療になることを把握しておくようにしましょう。AGA治療薬の処方は、1か月あたり1万円ほどの費用がかかることが目安と言えます。プロペシアは抜け毛の進行を抑制させる作用が主な働きとなりますので、発毛成分であるミノキシジルが配合されている育毛剤を併用することが効果的です。ミノキシジルには血管を拡張させる作用があるので、頭皮へ栄養を届けやすくなります。ミノキシジル成分が含まれている育毛剤はクリニックで処方を受けることが可能ですが、ドラッグストアなどでも市販されていますので、手軽に入手できます。